結果の出ていない人の為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ

SEOライティング

SEOライティングでユーザーの悩みを解決する為の記事の書き方とは?

SEOライティングでユーザーの悩みを 解決する為の記事の書き方とは?

SEOライティングはサイトを訪問してきてくれた人の「悩みを解決する為の記事」を作成する必要があります。

SEOライティングに取り組む方が特に意識しておきたいことでしょう。

誰に向けた(誰の為の)記事なのか?

そして記事を読んでくれた人にどうなって貰いたいのか?

自分の体験を混ぜて記事にオリジナル性を出して書きましょう。

「読者から見た視点」を理解して、ライバルより人の悩みに寄り添って、役に立つ情報を提供することが大事です。

[toc]

ユーザーに評価されるSEOライティングの方法

SEOライティングSEOライティング

SEOライティングで最も重要な要素となるのが、ユーザー視点です。

つまり、SEO効果の高いライティングするためには、ユーザーからの評価が不可欠です。

そのため、ライティングをする際は、ユーザーが何を求めているのかを明確にした上で、ユーザーが求めている情報を記事コンテンツで提供する必要があります。

 

ユーザーからの視点、ユーザーが記事に求める事

SEOライティングSEOライティング

ユーザーは「自分の悩みを解決する為のアドバイス」が欲しい。

SEOライティングでは読者満足度が最大のポイントです。

アドバイスを通じて、読者満足度を上げることが重要です。

検索ユーザーが知りたいことは単なる知識だけではなく、自分の悩みを解決するためのアドバイスが欲しいんです。

これが「ユーザー目線」です。

ライターの体験や経験からオリジナルなアドバイスが欲しい。

独自性の高い唯一無二のコンテンツをユーザーは求めています。

「ライターの経験や体験を取り入れること」です。

ライターの経験や体験に基づく結果や感情の変化は、ライター自身のオリジナルであり、他者との大きな差別化につながります。

キーワードに対して、対面でユーザーに相談されたことを想定して、読者の気持ちに寄り添ってライティングする。

ユーザーが何に悩み、何を解決したいのかを検索キーワードから探ります。

検索キーワードはユーザーの質問です。コンテンツは質問に答える立場です。

ユーザーの質問に十二分に回答できるコンテンツを作成することがSEOライティングの本質です。

 

SEOライティングの大前提は「ユーザーファースト」

SEOライティングSEOライティング

検索キーワードからユーザーインサイトを読み解く

まずは、ユーザーが検索エンジンに入力する検索キーワードから、ユーザーが何を求めているのかを探ります。

検索キーワードからユーザーが本当に求めているもの(インサイト)を読み解くことは、SEOライティングの本質とも言える記事コンテンツの作成において最も重要なポイントです。

ユーザーファースト

何よりも大事なのはこのユーザーファースト。

簡単に言えば“検索ユーザーのことを優先する”という意味です。

記事の書き方という面では、読み手となるユーザー目線に立って考えられていて、丁寧に情報を伝えられているか、内容がわかりやすいか、という点が大きな要素となります。

ユーザーの心理レベルや知識レベルなどを考慮して、書き方や内容を工夫することが必要です。

なぜなら、SEOライティングはWeb接客の役割も担っているからです。

ユーザーに有益な品質の高いコンテンツ作成

SEOで評価されるために最も重要なのが、ユーザーに役立つ「良質なコンテンツをつくること」です。

ユーザーにとって有益なコンテンツとは、ユーザーが必要とする情報が含まれ、利便性の高いコンテンツを指します。

コンテンツには、ユーザーがはっきりと自覚している「顕在ニーズ」を満たす情報だけでなく、ユーザー自身もまだ気付けていない「潜在ニーズ」にこたえる情報も盛り込むことを意識します。

「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」の両方を満たすコンテンツは、ユーザー満足度が高く、信頼性を獲得することにもつながります。

検索クエリの意図を把握する

検索クエリとは、ユーザーが検索エンジンの検索窓に打ち込むワード(単語、語句、キーワード、フレーズなど)のことです。

上位表示されるためには、この「検索クエリ」に含まれる、ユーザーの「検索意図」を的確に把握し、クエリとコンテンツの関連性を高める必要があります。

ユーザーの検索意図をくみ取る方法として、最も大事なのは、まず自分で検索意図を考えることです。

そして、その自分が考えたユーザーの検索意図を確認するには「上位表示されているページ」を読むことが有効です。

ユーザーの検索意図を考える

SEOライティングでは、「ユーザーが検索エンジンから訪問してくる」のを前提とした記事内容にする必要があります。

そのためSEOライティングでは、ユーザーの検索意図を念頭に置いて執筆を進めるようにしましょう。

想定される検索意図に対し、持ちうる情報をすべて出し切って、ひとつの記事にまとめ上げます。

場合によっては、キーワードから検索意図が見えてこないこともあります。

また、複数の検索意図が内包されているキーワードも少なくありません。

そうした場合は、実際にそのキーワードでGoogle検索して、上位表示されたサイトの内容を参考にするとよいでしょう。

上位表示されるということは、検索ワードに対する適切なコンテンツとしてGoogleが認めている、と解釈できるためです。

 

 

ライティングをする時に念頭においておくべきポイント

SEOライティングSEOライティング

適切な接続詞で論理構造を明確にする

そのため(理由)しかし(逆説)また(並列)などの接続詞を使ってライティングすることで、論理構造が明確になります。

接続詞を適切に使い、ユーザーに読みやすいSEOライティングをしましょう。

 

1メッセージ1アウトカム

記事を読んでいて、「結局何が言いたいのか分からなかった」という経験をした方も多いのではないでしょうか。

ライティングの際にやりがちなのが、伝えたいことを一文に詰め込んでしまうということです。

伝えたいことが多くなると、文章が長くなり、結局何が言いたいのか分からないということになりかねません。

そのため、読点(、)で長い文章を作ることはできるだけ避け、1文に1つのメーセージを込めるようにしましょう。

そうすることで、ユーザーにもわかりやすい、スッと頭に入る文章になります。

 

同じ語尾を避ける

語尾のバリエーションを増やし、同じ語尾で終わることのないようにしましょう。

読みづらい文章は、すべての語尾が「です」や「ます」で終わっていることが多く見受けられます。

そうなってしまった場合は、「ます」や「です」だけでなく、「~しましょう」「体現止め」など多用な語尾を使うことを意識しましょう。

文章にリズムが生まれて、ユーザーが読みやすいSEOライティングとなります。

 

 

SEOライティング基本的な書き方のコツ

SEOライティングSEOライティング

わかりやすい見出し構成

見出しもSEOライティングの重要なポイントです。

見出しにはタイトル同様、できるだけキーワードを入れましょう。

記事タイトル見出しSEOキーワードサジェストワード共起語をなるべく入れることです。

そうすることで、「キーワードとの関連が深いコンテンツ」と検索エンジンに判断されやすくなります。

また、見出しだけで各章にどのような内容が書いてあるかわかることが理想です。

 

独自性

クローラーはコンテンツを評価するときに独自性を見ます。

それは、競合と差別化できているか=他社コンテンツをコピーしていないか、自社サイト内のコンテンツが重複していないかというチェックも含みます。

独自性は、コンテンツのオリジナル性が高いことにつながるため高評価されやすいでしょう。

しかし、テーマによっては差別化が難しいのも事実です。

1+1のように、誰がどう書いても答えが2になるケースはあります。

  • 独自性
    ただWebの情報をまとめるだけに収めてしまうと、独自性の乏しい記事コンテンツになってしまい、評価されづらくなってしまいます。自身の体験談を書いてみたり、競合にはないトピック・企画を盛り込むなどして、独自性を高めることを意識しましょう。

SEOライティングを行ううえで、ライターだけで独自性を出すには限界があります。

この場合、他部署や外部の人間を巻き込むなど、どのような独自性が出せるか構成段階で考えてみてください。

押さえておくべきポイントは、記事の独自性はテキスト情報だけではないということです。

画像(二次利用ではなくオリジナル)、動画、構成の見せ方(視認性)など独自性を出せるコンテンツはさまざまです。

 

専門性

専門性は、コンテンツの独自性のみならず信憑性にも関わる重要な評価ポイントです。

SEO対策上では欠かせない「E-A-T」と呼ばれる基準があります。

・専門性(Experience)

・権威性(Authoritativeness)

・信頼性(Trustworthiness)

  • E-A-T
    E-A-Tは専門性・権威性・信頼性を略した造語で、これらはGoogleがページ品質を評価するのに最も重要視している要素です。専門家に取材する、ライターや運営者の肩書・プロフィールを載せるなど、E-A-Tを意識することで競合との差別化を図れます。

を表しており、これらを担保することで検索ユーザーが安心して記事コンテンツを閲覧できるという考え方です。

限られた人間しかわからない分野、経験者しかわからない範囲も専門性が高くなります。

とくにYMYLに該当する領域は専門家のサポートがないと権威性という観点でも上位表示が難しい場合があります。

難易度が高い分、ここで評価を得られれば成果の面でも期待できるでしょう。

「専門的であること」を意識して記事コンテンツを作成することをおすすめします。

具体的な手法を下記で紹介します。↓

専門性を高め「○○ならココ!」と言われる記事コンテンツづくりを

Webサイトの専門性を高めるには、自社のビジネス領域・分野に関する情報をなるべく深くほりさげ、Webサイト全体に専門知識の量を増やしていきます。

具体的には

  1. ホームぺージ内に専門的なページを増やす
  2. ブログを運営し専門的なブログ記事を増やす

上記2つの手法があげられます。これらは比較的着手しやすいでしょう。

特にブログの場合は、ビジネス領域に関する専門的な記事を自然なかたちで、多く蓄積できます。

ホームページにおすすめなのは、「導入事例」や「お客様の声」を掲載することです。

専門性に優れた会社であることをアピールできるだけでなく、ホームページを訪問したユーザーの信頼を得ることにもつなげられます。

ユーザーの信頼を得ることは、Googleが重視していることでもあります。

BtoB企業であれば「導入事例」、BtoC企業であれば「お客様の声」とし、掲載するのが望ましいです。

 

 

検索エンジン用のSEOライティングで必ず押さえておきたいポイント

SEOライティングSEOライティング

①代名詞を使わない

キーワードを指すときに「それ、これ」といった代名詞を使うのも極力ひかえましょう。

キーワードを略したり、代名詞で省いたりすると、検索エンジンにコンテンツとキーワードの関連を伝えづらくなり、SEOの評価にも影響します。

Googleの検索エンジンは、代名詞が何を指しているのかを人間のように正確に理解できないためです。

 

②タイトルやディスクリプションにキーワードを含める

SEOにおいて重要なタイトルディスクリプションには必ずキーワードを含め、Googleの検索エンジンにコンテンツの内容がわかるようにしましょう。

また、キーワードがタイトルディスクリプションに含まれていると、ユーザーにとってもコンテンツの内容がわかりやすくなるため、クリック率の上昇も期待できます。

ただし、キーワードを必要以上に入れてしまうと過剰SEOだと判断され、ペナルティを受ける可能性もあります。

そのため、あくまで自然にキーワードを使用することを心がけて、タイトルディスクリプションを設定するようにしましょう。

 

③タイトルにキーワードを含める

記事をタイトル、見出し、本文の3要素に分解するなら、SEOライティング的に最も重要なのは「タイトル」となります。

タイトルを少し変更してみるだけで、掲載順位が2ページ目から1ページ目に急上昇することもあるほどです。

タイトル作りで意識してほしいポイントは、キーワードをタイトルの前半に含めることです。

 

➃hタグにもキーワードを入れる

SEOにおいて、hタグはタイトルの次に記事コンテンツの中で重要視されている要素です。

そのため、タイトルタグのみならず、h1h2h3タグにもキーワードを含めましょう。

ただし、hタグの場合も不自然にキーワードを詰め込むと過剰SEOだと思われてしまいます。

そのため、あくまでも自然な形でキーワードを含めていくことが大切です。

 

⑤共起語を使う

共起語とは、検索キーワードと一緒に出現しやすい語句で、特定のキーワードと一緒に使われることが多い言葉のことを指します。

共起語が検索できるツールなどもあるので、ライティングをする際は不自然にならない程度で積極的に使っていきましょう。

ニーズの細かい部分を共起語から読み取れるので、SEO効果を得るのに有効でしょう。

ただ、無理やり記事内に盛り込むことで文章が崩れたり、文脈がおかしくなったりと内容が矛盾する可能性があるので、共起語の選定方法は記事の主張に対して関連性や重要度が高いものであることを念頭に選びましょう。

一度ライティングしたあとに共起語を盛り込む方法でも良いですが、共起語は構成の段階から意識して盛り込めるようにしておくと、ライティング時に共起語を含めて書きやすくなります。

 

⑥画像(altタグ)を最適化する

altタグは、その画像が何を示すのかを検索エンジンに伝える代替テキストのことを指します。

Googleの検索エンジンは画像が何を指しているのかまではわかりません。

しかし、altタグを設定することで、どのような画像かをGoogleに正しく認識してもらうことができます。

また、画像検索の結果にも表示されやすくなるため、画像検索からの流入も見込めて一石二鳥です。

他にも、altタグが設定されていると、画像を表示しないブラウザやスクリーンリーダー(コンピュータの画面読み上げソフトウェア)を利用しているユーザーにも、画像の内容を理解してもらうことができます。

 

⑦HTMLマークアップ

SEOライティングでは、正しくHTMLを使うことも重要な要素です。

コンテンツの内容を正しくGoogleの検索エンジンに伝えるためにも、以下の基本的なタグは、適切に使えるようにしましょう。

・hタグ
必ず<h1>、<h2>、<h3>の順で使いましょう。デザインのために、h2の次にh4を置いたりするといったことは避けるべきです。

・箇条書き<ol><ul>
改行ではなく、<ol>、<ul>タグで、箇条書きであることを検索エンジンに伝えましょう。

・引用<blockquote>
<blockquote>を使って他サイトや参考資料などから引用した箇所をGoogleに示しましょう。

・表<table>
表を作成する際は<table>タグを使いましょう。SEOのトレンドでもある強調(フィーチャード)スニペットにも現れやすくなります。

・画像<alt>
先程も出てきましたが、画像には<alt>タグを使って、画像が何を指すのかを検索エンジンに明記しましょう。

SEOライティングにおいては、ただテキストを並び立てるだけでなく、マークアップ(HTMLタグ)も積極的に使いましょう。

以下に良く使われるマークアップを一覧しておくので、ここで覚えておきましょう。

太字 <b> もしくは <strong>
箇条書き <ul>, <li>
番号付きリスト <ol>, <li>
引用 <blockquote>
リンク <a>
画像の代替テキスト <alt>
テーブル(表) <table>

 

⑧わかりやすいパーマリンクを設定する

ランダムな数字や文字の羅列ではなく、一目で何に関しての記事コンテンツかがわかるパーマリンクを設定しましょう。

論理的かつ人間に分かりやすいパーマリンクを設置することをGoogleも推奨しています。

下記のURL2つを比較すると、どちらがわかりやすいパーマリンクかは明白でしょう。

  • https://alfa-design-office.com/seo-writing
  • https://alfa-design-office.com/ ?w9876

 

一目でコンテンツの内容がわかるパーマリンクの方が、クリック率も上がり、より多くの集客を見込むことができます。

 

 

今後変化するSEOライティングのポイント

SEOライティングSEOライティング

アルゴリズムや検索方法は日々変化していきます。これからのSEOライティングのポイントについて2点お話します。

文脈を理解する「BERTアップデート」

Googleのアルゴリズムはアップデートを重ねています。

2019年12月10日には、「BERTアップデート」が導入され、文脈に対する理解力が向上しました。

これは、共起語を含めるというセオリーに対して、きちんと検索意図を汲み取った意味のある文章でないと“質”につながらない可能性があるということです。

より自然でわかりやすいユーザーファーストな記事が求められるようになっています。

検索エンジン内を巡回するロボットの理解力が向上したので、書き手の情報収集力や読解力、それを表現し編集する力が試されるかもしれません。

 

需要が高まる「音声検索」への対策

スマートスピーカーやGoogleアシスタント、Siri、Alexaなど音声サービスの普及で、音声検索の需要が高まっています。

音声検索で取り上げられることも念頭にライティングをすることも必要と思われます。

音声検索で回答として記事が利用されるためには、検索上位のコンテンツで、 “Googleが回答しやすい短い文章”のようです。

しかし、長文の記事からGoogleが文章を抜き取って回答するパターンもあるようです。

なので、引き続きコンテンツの質を重視し、検索上位を狙うことが必要です。

他にも、オーソリティ(権威)が高いサイト強調スニペットなど音声検索で優位に立てる要因はあります。

 

 

SEOライティングをする際の注意点

SEOライティングSEOライティング

キーワードを詰め込みすぎない

キーワードを必要以上に詰め込めすぎると、意味の通らない文章になってしまったり、文章のテンポ感が悪くなったりします。

キーワードを意識するのは重要ですが、基本的にはユーザーが快適に読める文章を目指しましょう。

 

専門用語を多用しない

コンテンツの専門性を高めようとして専門用語を多用すると、わかりにくい文章になってしまいます。

そのため、専門用語はできる限り文章から排除しましょう。

やむなく専門用語を出すときは、簡単な解説を入れるようにしてください。

 

内容の重複を避ける

内容が同じ文章が複数あると、ユーザーに対して忍耐を強いてしまいます。

ライター自身にそのつもりはなくとも、内容の重複は、読み返してみると案外見つかるものです。

他人からフィードバックを受けるか、後で見直すなどして、重複は排除するようにしましょう。

 

あやふやな言葉遣いを避ける

ユーザーの誤読・誤解を最小限にするためにも、あやふやな言葉遣いは極力さけましょう。

例えば数字を使う(たくさん、ではなく「100個くらい」)、比較対象を出す(Aは良い、ではなく「Bのここと比べてAはこんなところが良い」)などして、より正確に伝わるライティングを目指してください。

 

滑らかな行間作りを意識する

読んでいて不快さを感じない文章は、たいてい行間が滑らかで、文脈を上手に維持しています。

そうした文章を書くには、書くと同時に「読者」のことも考えましょう。

「この文を読んだら何を考えるだろう、次に何を期待するだろう」ということを意識すれば、行間はグッと滑らかになります。

 

トピックが多い(3つ以上ある)ときは箇条書を先に示す

コンテンツSEOにおいては「おすすめのアイテム10選」のような、多くのトピックを紹介するケースが多いでしょう。

そうした場合、急にトピックの紹介に入るのではなく、あらかじめ箇条書でどんなトピックを紹介するのかを示しましょう。

 

誤字脱字や品詞の間違いなどを正す(校正・校閲)

校正・校閲は毎回行うべきです。

どんなに優れたコンテンツでも、誤字・脱字や誤用が多いと言うだけでコンテンツに対する信頼性は損なわれてしまいます。

目視には限界があるため、Wordの校正機能など、ツールの力も活用しましょう。

 

重複コンテンツを公開しないようにする

同じドメイン内に重複している・類似しているページがある場合、Googleの検索エンジンからの評価が分散してしまうため、検索エンジンからの評価を集めるべき一番重要なページのURLを統一することが重要です。

Googleの公式でも「重複コンテンツの作成を避ける」というページで、重複コンテンツがあるとユーザーが何度も同じコンテンツを見ることになり、利便性が下がることに言及しています。

もし、Webサイトの仕様などの都合でどうしても重複コンテンツを保有する必要がある場合は、canonicalタグやnoindexタグを設置して対策しましょう。

 

キーワードを不自然に含めないようにする

SEO効果を狙って、不自然な文脈でキーワードを盛り込んだり、キーワードを大量に(数百~)盛り込んだりすると、Googleのガイドラインに反してペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

なぜなら、それはGoogleの目指す「ユーザーファースト」の理念に反するからです。

例えば、以下のように同じ単語や語句を不自然に繰り返すと読みにくく、適切なコンテンツと言えません。

 

定期的に記事をリライトする

記事を新規作成するだけではなく、既存記事をリライトすることでSEOの上位表示を目指すことも検討しましょう。

SEOにおけるリライトとは、検索エンジンの評価基準に則って、評価されるコンテンツに書き換えることです。

一度上位表示できた記事であっても、Googleのアルゴリズムのアップデートがあったりユーザーの求めるニーズが時代によって変わったりするため、順位が落ちることもあります。

日々変わる検索結果のトレンドを追いながら、検索エンジンに評価されるコンテンツであり続けなければなりません。検索順位が上がらない記事やクリック率の低い記事は、積極的にリライトして改善を図りましょう。

 

 

まとめ

SEOライティングSEOライティング

SEOライティングでは、ユーザーにとっても、検索エンジンにとっても良質なコンテンツとして認識してもらうことが大切です。

そのためには、ただキーワードを意識するだけではなく、ユーザーに寄り添った記事を作成することが大事です。

キーワードが多すぎたり不自然な文章になったりすると、Googleからの高い評価は得られません。

まずは大前提として目の前のユーザーのニーズに応えるコンテンツ作りを目指し、それからSEOライティングの技術を上手く取り入れてみましょう。

ABOUT ME
アルファデザインオフィス - 集客の悩みを解決 -
弱者が強者に勝つ為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ!WEBサイト、SNS運用、WEBマーケティング、WEBラインティングの知識を発信しています!差別化させたWEBサイトの制作依頼では、事業計画の練り直しや、マーケティング戦略での集客施策の提案、ブランディング作りの観点からのサポート、など、充実したサービスを提供しています。
RELATED POST
リード文の書き方は実は簡単!誰でも魅力的に書ける方法とコツを紹介! WEBライティング

リード文の書き方は実は簡単!誰でも魅力的に書ける方法とコツを紹介!

2022年5月12日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
ブログやアフィリエイトで記事を書くときの、リード文の書き方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。リード文に何を書いていいか分から …
セールスレターのうまい書き方とは?成約率をアップさせる3つのポイントも WEBライティング

セールスレターのうまい書き方とは?成約率をアップさせる3つのポイントも

2022年5月12日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
インターネット上で商品やサービスを販売する人が増えています。でも、ブログやアフィリエイト記事のセールスページから、なかなか成約につな …
セールスコピーとは?誰でもできる「売れる文章」を書く方法、ポイントやコツを解説 WEBライティング

セールスコピーとは?誰でもできる「売れる文章」を書く方法、ポイントやコツを解説

2021年11月22日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
オンラインでのショッピングが盛んな現代において、商品やサービスをたくさんの人に買ってもらうためには、セールスコピーのスキルが必須であるといえ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です