結果の出ていない人の為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ

MEO対策

MEO対策とは?メリットや自分でできる具体的な対策!上位表示のポイントを徹底解説

MEO対策とは?メリットや自分でできる具体的な対策!上位表示のポイントを徹底解説

「MEO対策って聞いたことあるけど何?」

「Googleマイビジネスに登録する事でどんな効果があるの?」

「そもそも自分にMEO対策はできるのかな?」

なんてお悩みを持ってこのページを訪れた方も、もう安心です。MEO対策で上位表示するには、MEO対策の基礎知識はもちろん、MEO対策の仕組みやコツを理解することが重要です。

今回は、MEO対策メリットを説明した上で、MEO対策の掲載順位に影響する要素仕組み上位表示のコツについて分かりやすく解説していきます。

この記事を参考にしていただくことで、きっとMEO対策の基礎知識仕組みが理解できるはずです。

[toc]

MEO対策のメリット・デメリット

SEO対策とMEO対策の違いSEO対策とMEO対策の違い

MEO対策メリット

SEO対策より短期間で上位表示可能

MEO対策はSEO対策に比べて上位表示までの期間が短い傾向にあります。

SEO対策は内部構造を整えたり、コンテンツを追加したりと、サイト全体に施策を施さなければなりません。そのため一般的には上位表示まで6ヶ月~1年はかかります。

しかしMEO対策の場合は、早ければ1週間ほどで上位表示を実現することができます。

 

SEO対策より対策費用がリーズナブル

費用的な面でも期間的な面でもSEO対策より魅力的です。また、MEO対策はSEO対策よりもランニングコストがリーズナブル。

SEO対策は最低でも月額30万円ほどかかるのに対して、MEOは月額数万円ほどであることが多いです。

 

モバイル検索での露出増加が期待できる

2021年3月にドイツの企業SISTRIX(シストリックス)がモバイル検索とPC検索に関する調査を実施し、結果を公開しました。

その結果、日本ではPC検索が約25%、モバイル検索が約75%という利用比率であることがわかりました。

つまり4分の3の検索がスマートフォンでおこなわれているわけです。このような検索比率の傾向は、MEO対策に取り組む意味を大きくしてくれます。

モバイル検索では、「地域+業種」で検索すると、MEO検索結果がファーストビューに表示されるからです。モバイル検索での露出増加によって、新規の顧客獲得を有利に進めやすくなります。

 

効率的に見込み客への認知拡大、集客促進を実現できる

MEO対策では、上位表示を目指すキーワードの多く「地域名+業種名」です。

たとえば、「福岡市(地域名)+居酒屋(業種名)」などがよい例としてあげられます。このようなキーワードは、ユーザーの意図が明確なタイプです。

「福岡市+居酒屋」でいうと、検索意図「福岡市で居酒屋を見つけたい」ということになります。

MEO対策でローカル検索結果に表示されていれば、検索意図が明確なユーザーに自社の店舗を効果的にアピールすることができます。

こうした「ユーザーの検索意図」が明確なキーワードで対策ができるところもMEO対策ならではのメリットです。

 

本格的にMEO対策している競合が多くない

SEO対策やWeb広告、媒体掲載などの施策は今や当たり前の施策です。取り組んでいる企業はたくさんあります。

しかし、MEO対策が広く認知されはじめたのは最近です。

さらに、ほかの施策に比べると運用にかける手間、費用などの負担が少なく済むことから、自力で実施する企業が多いです。

それゆえに優先度が低くなりやすく、とりあえずビジネスプロフィールを開設しただけで、本格的に対策していない企業がほとんどです。

対策に力を入れることで、ローカル検索での自社ビジネスの優位性を確保することができます。よって競合と差をつけられます。

 

競合企業が少ない

業種・サービスで検索した際に、上位表示されているサイトの大半がまとめサイトやポータルサイトだった、という経験はないでしょうか。

SEOはこうした実店舗のホームページサイト以外にも競合が多数存在しており、上位表示するにはかなりのコストと労力を要します。

MEOでは純粋にターゲットの地域にある店舗のみが競合となることに加え、まだ対策している企業や個人が少なく比較的対策の成果が出やすいとされています。

特に地域密着型ビジネスの事業者にとってWeb施策は縁遠い対象であることも多く、取り組み状況に差が出ている状況です。

MEO対策は競合相手が少なく、なおかつ潜在顧客にたどり着く可能性の高いWeb集客であると言えるでしょう。

 

問い合わせや来店を増やすことができる

MEO対策をおこなって上位表示ができると、「東京駅 ラーメン」「梅田 マッサージ」「博多 もつ鍋」といった「エリア+ジャンル」のような明確なニーズを持つユーザーに対して自分の店舗を訴求できる機会が増加します。

同じような検索キーワードをSEOで上位表示するのが困難な場合でも、MEOなら意外とチャンスはあるもの。

リスティング広告で高い費用が必要になるキーワードでも、MEOで上位表示できる可能性はあります。

 

来店見込みの高いユーザーに訴求できる

「地域名+○○(業種・サービス)」のキーワードで検索するユーザーは「これから検索キーワードに入力した地域にある○○の店舗に行く可能性が高いユーザー」と想定することが可能です。

つまり、そのサービスを受けることは決めていて、あとはどの店舗にしようか?と考えている状態であるとも言えます。

したがって、マップの検索結果で上位を取れば取るほどそういったユーザーからの視認性が向上し、数ある競合店舗の中から自店舗に足を運んでくれる可能性が高くなります。

MEO対策を行うことで、このような来店見込みの高いユーザーに効果的に訴求できるのが大きなメリットといえるでしょう。

 

Google マイビジネスへのアクセスアップが見込める

MEO対策によって、検索結果上に店舗情報が表示されれば、Google マイビジネスへのアクセスが増加するため、高い集客効果が期待できます。

Google マイビジネスに登録された情報は、非常に信頼性が高く実店舗への来店商品サービスの予約につながりやすいです。

店舗の住所営業時間電話番号定休日建物の外観などの基本的な情報を入力することで、本格的なホームページやコンテンツ型のウェブサイトを開設しなくても、十分な集客効果を発揮するようになるでしょう。

 

MEO対策をすることでMAP情報に対するクリック率のアップ

MAP情報は、一定の条件でリスティング広告と自然検索の間に表示されるため、クリック率向上が期待できます。

MEOによる表示エリアは、非常に視認性が高く目立ちます。なお、Googleへのログインなしの状態であれば、MEOエリアがリスティング広告よりも上部に表示されます。

一方で、Googleへのログインがある場合は、リスティング広告の下部にMEOエリアが表示されます。

 

口コミによってユーザーの声を反映できる

MEO対策によって、検索ユーザーに口コミを記載してもらうことで、サービス利用者の声を反映できます。

顧客に対して優れたサービスを提供し、下記のような口コミを獲得できれば、着実に集客やお問い合わせにつながっていくでしょう。

 

MEO対策は、広告費が抑えられて個人でも対策しやすい

MEO対策で行うことは、Googleビジネスプロフィールへの情報の登録です。

Googleビジネスプロフィールは基本的に無料で利用できるツールであり、プロに依頼しなければ登録作業ができないような難しい機能はありません。

そのため、依頼したとしてもSEOほど高額な費用にはならず、自社内で作業を終えられます。費用を抑えて、広告宣伝の効果が期待できるでしょう。

SEO対策では、有償でプロに依頼するケースも多く、SEO対策費用が数十万円に上ることも珍しくないようです。

しかし、MEO対策は基本的に自社内で完結できるため、外注費用がかかりません。

Web広告を出す場合には入札方式で金額を決めて支払うことになり、クリック回数によって費用がかさみ、ポータルサイトや口コミサイトなどに掲載するにも利用料は必要です。

ところがGoogleビジネスプロフィールなら、クリックされてもお金は発生しません。

基本的な機能は無料で利用でき、やることも難しくないため、資金に余裕のない個人でも気軽に活用できます。

個人経営の店も、集客施策の一つとしてまずはGoogleビジネスプロフィールに登録しておくと良いでしょう。

 

ユーザーの目に止まりやすい

MEOが効果的と言われるのは、検索画面の最も上に位置するマップに店名などが表示され、大変目立つためです。

Webサイトが並んだ部分よりもユーザーの注目を集めやすく宣伝効果が期待できます。

特に、上位3件は地図にお店の名前が表示されるため、認識されやすくなります。

 

MEO対策のデメリット

風評被害を受けやすい

風評被害は、Googleビジネスプロフィールを使ったMEO対策で起こりえるデメリットのひとつです。

MEO対策で利用するGoogleビジネスプロフィールでは、店名や住所などを登録できるだけでなく、一般ユーザーの口コミレビュー質疑応答なども反映されます。

そのため、事実ではない悪い口コミを書かれるケースもあり、風評被害を受けるリスクもあるということです。

ポータルサイトや口コミサイトでも、業者間の潰し合いなどはありましたが、MEOでも悪意ある第三者による低評価がお店のイメージを下げることもあります。

被害を最小限にとどめるためには、小まめに評価をチェックして、誠意ある返答をするなどの対応が欠かせません。

 

レビューや口コミが信頼されにくい

レビュー口コミはお店の印象を知る手立てのひとつですが、業者の書き込み悪意ある口コミによって、その信頼性が低くなることもあります。

ユーザーの目も厳しくなっており、Googleマップに書かれた口コミにも真偽を疑う目を持ちます。

特に、高評価ばかりのお店は、業者に依頼して不正しているのではないかと思われることもあるかもしれません。

 

実店舗のないビジネスには向いていない

MEOは、あくまでも実店舗のあるビジネスに必要な対策です。

実店舗へと目を向け、足を運んでもらうために行います。

インターネットでの通販やデータ販売、アフィリエイトなど、実店舗を必要としないビジネスでは、意識する必要はありません。

ただし、実店舗がない場合でもGoogleビジネスプロフィールに登録することは可能です登録すべき住所がないと地図上にピンは表示されませんが、登録情報は表示されます。

店を持つビジネスに比べて順位は下がる傾向ですが、定期的に情報発信し続けていればそれなりに上がりやすくはなります。コストもかからないため、ローカル検索でも順位がほしい人は対策しておいても損はありません。

MEO対策の基礎知識、内容や意味

MEO対策とは?MEO対策とは?

MEO対策とは?

Google検索で「地域+業種」のキーワードを入力したとき、そのエリアにある店舗の情報が3つ表示されています。

MEO対策では、この3つの枠自社のビジネスをランクインさせることを目指します。

検索したユーザーの位置情報などを元に、Googleの検索結果に反映させるため、東京と北海道では検索結果が異なるのはもちろん、同じ都道府県の異なる地域から検索した場合にも表示内容が変わることがあります。

 

MEO対策は、位置情報や時間帯によって検索結果は大きく変わる

MEO対策の特徴として、検索したユーザーの位置情報により、同じキーワードでも検索結果が大きく変わることがあります。

デバイスの位置情報IPアドレスをもとにしてユーザーの位置を判断し、距離を重視して検索結果を変更しています。ただ、必ずしも近いお店が表示されるわけではありません。

知名度の高いお店や、Googleが関連性が高いと判断したお店は、現在地から離れていても表示されることがあります。また、営業中のお店優先的に表示されるので、時間帯によっても検索結果が変わります。

MEO対策にも、地域のお店の情報が優先的に表示されるアルゴリズムがありますが、10メートル単位で検索結果が変わるようなことはありません。そのため、MEO対策では、ユーザーが検索する場所により、どのお店も検索結果の目立つ位置に表示されるチャンスがあると言えます。

 

MEO対策の検索結果の上部に表示される枠「ローカルパック」「ナレッジパネル」とは?

MEO対策とは、ウェブ検索で地域のお店施設に関連するキーワードが検索されたとき、検索結果の上部に「ローカルパック」「ナレッジパネル」と呼ばれる情報の枠を表示する仕組みのことを指します。

 

MEO検索結果の上部に表示される「ローカルパック」とは?

「ローカルパック」は、「地域+業種」商品名業種をキーワードに検索したMEO検索結果で地図の横に表示される3つの枠です。

ローカルパックローカルパック

 

MEO検索結果の上部に表示される「ナレッジパネル」とは?

「ナレッジパネル」は、店名で検索したときに検索結果にお店や施設の詳細な情報が表示される枠です。

「ローカルパック」の店名をタップしたときに表示される情報とほぼ同じで、ユーザーが検索したい対象のお店や施設が明確な場合、より少ない操作で詳細な情報を確認できるようになっています。

ナレッジパネルナレッジパネル

 

MEO検索結果のもとになる「ビジネスリスティング」とは?

ナレッジパネルローカルパックに掲載する情報は、「ビジネスリスティング」と呼ばれる情報をもとに生成されています。

「ビジネスリスティング」とは、マップ上の位置(緯度・経度)に紐づいた建物名店名、さらには写真電話番号レビューなどの情報軍のことを指します。

MEO検索結果に表示される「ビジネスリスティング」は、現実世界にあるお店や施設のデータを収集して作られます。

Googleはユーザーからの情報提供を求め、お店に関してはオーナーが情報を整備してくれることを求めています。そのために用意されたツールが、Googleマイビジネスというわけです。

 

MEO検索結果の元となる「ビジネスリスティング」の情報は、お店のオーナーとユーザー、Googleの3者によって作られます。

お店のオーナーが作る事

お店のオーナーは、「Googleマイビジネス」を利用することで、自分のお店のビジネスリスティングを編集出来ます。

正確にいうとGoogleマイビジネスで編集できるのは、「ビジネスプロフィール」という情報です。

 

ユーザーが作る事

ユーザーはお店のクチコミ写真を投稿できます。

また、新しいお店を見つけたらお店を追加したり、お店が閉まっている「閉業マーク」をリクエストしたりも出来ます。

 

Googleが作る事

Googleは、お店のオーナーとユーザーから集めた情報を統合し、ビジネスリスティングを管理します。

Googleマップでも、同じくビジネスリスティングをもとにして情報を表示しています。

 

MEO検索結果の3つの種類と表示される情報

種類 内容と推測される意図 表示される情報
①直接 店名による検索。すでにお店の名前を知っており、詳しい情報を知りたい 行き先連絡方法営業時間クチコミ写真など
②間接 業種による検索。近くにあるお店を調べ、どこに行くか検討したい 評価(星の数)クチコミサービス内容写真など
③ブランド名 ブランド名による検索。近くにあるお店を知りたい 行き方連絡方法営業時間など

①直接

「直接」は、店名などをキーワードに目的のお店を検索することを指します。

直接検索するユーザーはすでにお店の名前を知っていて、行き方営業時間評判などを知りたいと推測されます。

スマートフォンでは検索結果の最上部デスクトップ(パソコン)の画面では検索結果の右上に表示され、内容の詳細を見ると、レビュークチコミ営業時間の他、電話番号経路案内のボタンも載っています。

検索したユーザーは、これらの情報から営業時間クチコミなどの詳しい情報を調べたり、電話をかける、直接お店に行くなどの行動を起こしたりできます。

直接検索するユーザーに対して、お店のオーナーはGoogleマイビジネスから商品サービスの詳細情報最新の取り組みの情報を登録して、お店の魅力をしっかりと届けるようにすることが効果的です。

 

 

②間接

「間接」業種商品、または地名+業種をキーワードに検索することを指します。

業種で検索するユーザーは、そのエリアで目的の業種のお店を探そうとしており、まだ利用するお店は決まっていないはずです。

店名のほか、クチコミ現在地からの距離などが表示され、「評判がいい」「現在地から近い」などの基準で比較しやすくなっています。

お店を比較検討するユーザーのため、お店のオーナーは、まず正確な情報が表示されるようにしましょう。

そのうえで、MEO対策によるキーワードへの関連性や知名度の向上に力を入れましょう。

「ローカルパック」には3件しか情報が表示されません。これは、ユーザーが短時間で選びやすいようにGoogleが情報を絞り込んだ結果です。

お店のオーナ-としては、その3件の枠に自店舗をできるだけ入れるようにするため、近隣の競合店と比べて優れているといえる点を作り、アピールしていくことがカギになると覚えて下さい。

 

 

③ブランド名

「ブランド名」は、世間でブランドとして認識されているキーワードでの検索を指します。

これは、同じブランドの店舗はどこでも同じ商品やサービスを提供しており、評価による比較は必要ないと考えられるためです。

ブランド検索のローカルパックでは、お店にA~Cのアルファベットが付きます。お店でブランドの商品を扱う場合は注目しておきましょう。

もしも自分のお店が取扱商品のブランド名で検索した結果に表示されるようなら、Googleマイビジネスから正規店舗との違いや自店舗の特色などの情報を登録してアピールすることで、集客に役立てられます。

 

MEO対策の検索結果は「関連性」「距離」「知名度」の3要素で構成されます

MEO検索結果MEO検索結果

「関連性」

キーワードとの関連性は、MEO対策で非常に重要な部分です。

ユーザーの用いた検索キーワードに対して、ビジネスの内容がどれだけ関連しているかによって検索順位は左右します。

そのため、自分の店が検索される時に使われるキーワードを明らかにした上で、店の情報にキーワードを盛り込むことが必要です。

おおまかなイメージで説明すると、例えば「和食」というキーワードに対し「〇〇はおいしい和食のお店です」「〇〇で和食を楽しみました」のように、お店と関連付けて記述された情報があることで、Googleによる関連性が高まっていきます。

Googleは、コンテンツを見たユーザーの行動から、コンテンツの関連性はどの程度かを推定しようとしています。しっかりと読まれたりボタンのクリックなど行動を促したりできる、読みやすく質の高いコンテンツであることが大事です。

 

「知名度」

お店やサイトがどれだけネットで取り上げられているかなど、「知名度」も重要な指標です。

「知名度」を高めるためには、SNS発信やSEO対策も必要となります。

Googleでの口コミ数評価も影響します。インターネット上にある関連したコンテンツの多さや、クチコミなどでの評価の高さが反映されます。

知名度の評価はネガティブな情報が増えても上がるというわけではありません。「知名度」は、情報の質と量の両方があることで高められます。

 

「知名度を高める為のポイント」3つ

①指名検索を増やす

多くの人から行きたいと思われ、名前を覚えられていて検索されるお店は知名度が高く、インターネット外の知名度も反映されていると考えられます。

チラシの配布テレビやラジオのCM看板の設置など、インターネット外の施策が効果的で、よくある「〇〇で検索してください」といった呼びかけも有効です

人が集まるイベントで話題にしたり、友達などの会話で紹介してもらったりと、地道な積み重ねも指名検索につながります。

 

②クチコミを増やす

会話の話題に上ることなども含め、多くの人が言及していることも、端的に「知名度」の高さを表します。

 

③お店のウェブサイトへの被リンク

特に、業種や地域との関連性が高いサイトからの被リンクを増やすことです。これも「多くのサイトからリンクされている=知名度が高い」と判断出来ます。

 

「距離」

検索するユーザーの位置が近いほど、表示されやすくなります。

地図エンジンでは、近さも1つの重要な指標です。

ただし、ユーザーのいる場所と店までの距離は対策できないため、特に気にかける必要はありません。地図エンジンの仕組みとして、遠くのユーザーには表示されにくいことを理解しておきましょう。

「知名度」が高まることで、ユーザーの現在地と離れていてもMEO検索結果にお店が表示されやすくなります。少し遠くても、「あのお店の料理はおいしい」とうわさを聞けば私たちは訪れてみたくなります。このような評価にも影響するのが「知名度」です。

googleはスマートフォンを通じてユーザーが移動した履歴も蓄積しているため、ユーザーの行動履歴から「駅前から多くの人がこのお店に行っている」ことがわかります。すると、駅前でMEO検索結果にお店が表示されやすくなるようです。

 

まとめ

MEO対策とは?まとめMEO対策とは?まとめ

MEO対策上位表示を達成することが出来ればインターネットとスマホが普及した現代に合った集客を強化することが出来ます。

Googleマイビジネスは基本無料で利用ができるのにも関わらず、お店の情報写真の更新はもちろん最新情報の発信ができる投稿機能口コミ管理もすることが出来ます。

SEO対策に比べてライバル数が少なくなるため、MEO対策上位表示はお店がしっかりと対策を取る事で改善が期待できるでしょう。

こちらの記事では、MEO対策の基礎知識を中心に解説してますが、MEO検索結果で上位表示させる具体的な方法は、次の記事で解説しておりますので、こちらもチェックしてみて下さい!

あわせて読みたい
MEO対策で上位表示の具体的なやり方、仕組みや重要性のポイントを解説
MEO対策で上位表示の具体的なやり方、仕組みや重要性のポイントを解説「Googleビジネスプロフィールには登録したけど、何もしていない、、、」 「MEO対策は知っているけど、どうやって活用したらいい...
ABOUT ME
アルファデザインオフィス - 集客の悩みを解決 -
弱者が強者に勝つ為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ!WEBサイト、SNS運用、WEBマーケティング、WEBラインティングの知識を発信しています!差別化させたWEBサイトの制作依頼では、事業計画の練り直しや、マーケティング戦略での集客施策の提案、ブランディング作りの観点からのサポート、など、充実したサービスを提供しています。
RELATED POST
リスティング広告の広告文とは?文字数のルールと効果的な作り方のコツ WEBマーケティング

リスティング広告の広告文とは?文字数のルールと効果的な作り方のコツ

2022年5月10日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
リスティング広告は、他のWeb広告と比べて成約に繋がりやすいといわれています。ユーザーの検索結果と連動しているため、すでに興味がある …
MEO対策で上位表示の具体的なやり方、仕組みや重要性のポイントを解説 MEO対策

MEO対策で上位表示の具体的なやり方、仕組みや重要性のポイントを解説

2022年4月25日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
「Googleビジネスプロフィールには登録したけど、何もしていない、、、」 「MEO対策は知っているけど、どうやって活用したらいいの? …
ペライチでサイトのSEO対策ができる!?オススメの機能や活用方法も SEO対策

ペライチでサイトのSEO対策ができる!?オススメの機能や活用方法も

2022年5月5日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
ビジネスを行う上で必要なのがホームページですよね。見た目も性能も良いホームページを作れるとビジネスが軌道に乗りやすいです。サイト作成ツールの …

POSTED COMMENT

  1. […] 投稿内容はお店の詳細情報やナレッジパネルの「最新情報」タブなどに表示されます。お店の常連客は知っていても、これからお店を探す人はまだ知らない、しかし、知っていれば自分のお店を選ぶ強い理由となるだろう情報があるはずです。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です