結果の出ていない人の為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ

WEBサイト

ブログでの差別化戦略とは?差別化の基礎から構築、分析方法まで徹底解説

ブログでの差別化戦略とは?差別化の基礎から構築、分析方法まで徹底解説

ブログ集客成功の秘訣は、ライバルと差別化されたブログを構築していくこと。

でも、どんなふうにブログで差別化を実践していけば良いのか。

こちらの記事では、差別化戦略の基礎から、差別化ブログ構築するポイント差別化できているかの分析方法まで解説していきます。

ぜひ、ここで解説するやり方でブログの差別化を実現してください。

[toc]

差別化とは

差別化戦略差別化戦略

マーケティングにおける「差別化戦略」とは、アメリカの経営学者マイケル・ポーター(M.E.ポーター)によって提唱された3つの競争戦略のうちの1つであり、他社との明らかな特異性を作り出すことで、競争優位を築く戦略のことをいいます。

マイケル・ポーターによる「差別化」の定義はしっかりと決められており、ただ競合他社と違うものを作ればいいという安易なものではなく、価格が高くても買ってもらえる優位性のある状態を指すものです。

差別化のポイントを「商品」「価格」「販路」「地域」「広告・広報」「営業」「市場、顧客層」「理念、事業」に分類して解説していきます。

商品の差別化

商品の機能性能品質といった基本価値の差別化です。

これらの基本価値の上に、用途を差別化する、ネーミングデザインパッケージといった付加価値で差別化するやり方もあります。

 

価格の差別化

価格の差別化は、価格競争という名の安売り合戦ではありません。

同じような売り方で安く売る競争は弱者には不向きです。価格の差別化とはビジネスモデルを変え、顧客層用途を変え、価格帯を変えることです。

多少の差ではなく、まったく違う価格にすることです。

 

販路の差別化

弱者はきめ細かい顧客密着ができる直販を重視すべきで「自ら売り切る力」をもつことです。

まだ世に認知されていない新商品新サービス自ら売り切る力をもたずして、誰が売ってくれるというのでしょうか。

 

地域の差別化

ナンバーワンを目指すといってもリアリティのない小さな会社の方、”地域”を絞ればナンバーワンになれるのではないでしょうか。

”地域”こそ差別化の切り札であり、弱者のナンバーワンづくりの原点です。

 

広報・広告の差別化

ネットを活用した広報・広告は、むしろ、弱者にとって有利といえます。

大企業では出しにくい個人の考えを、中小オーナー社長や、個人事業主なら発信できるのです。

知恵を絞れば小資本であっても勝てる戦略が立てれるのです。

 

営業の差別化

売り物、売り先が同じでも、売り方を変えることで差別化はできます。

単なる「モノ売り」をやめ、「コトを売る」に変えることです。

「コトを売る」発想は差別化ブログ構築に欠かせないキーワードとなります。

 

市場、顧客層の差別化

「売り先」差別化することです。

すなわち、市場顧客層差別化することです。

うちに当てはめて説明しますと、うちは、デザイン事務所で、ターゲットは、toCです。いわゆる一般顧客層です。

ですが、競合他社は、toBで一般企業の場合が多いはずです。

 

理念・事業の差別化

わが社の「あり方」差別化することです。理念やドメイン(事業の定義)を差別化することです。

大切なのは、自分の言葉でつくること。

だれでも当てはまることではなく、自分たちにしかできないような理念を掲げること。

その結果、世界観が生まれ、ぶれないブログづくりができるようになるのです。

 

 

 

差別化を成功させるためのポイント5選

 

差別化戦略差別化戦略

①簡単に真似される差別化は差別化ではない

一番安易な差別化は価格を安くすることです。

誰しも、ライバルよりも安くすれば売れるだろうと考えます。

これほど簡単に真似できる差別化もありません。価格競争は強者が圧倒的に有利な土俵です。

 

②顧客に評価されない差別化は差別化ではない

「こんなにスゴイ機能を開発しました!」「画期的なので絶対に売れます!」なんて、よく聞く話しですが、さっぱり売れません。

その機能がスゴイと思っているのは身内だけで、顧客にとっては何の価値も感じないものたっだということも多いようです。

 

③差別化は掛け算で相乗効果が生まれる

決定的な差別化は簡単なことではありません。

もちろん、ゲームのルールを変えてしまうようなイノベーションを私たちは模索すべきです。

でも現実はそうもいきません。

だからといって諦めるのではなく、小さな差別化を掛け合わせていくのです。

 

④自業界の非常識は他業界の常識

差別化とは非常識なことです。

常識的差別化なんてあり得ないのです。

でも、業界にドップリ漬かっているいると、なかなか非常識な発想は生まれません。

そんな時は他業界に差別化ヒントを求めるとよいでしょう。

 

⑤小技も大切だが、信念のない小手先は通用しない

差別化は、やれることなら、どんなことでもトライすればよいと思います。

インターネットを検索すると集客や販促で顧客を心理的に操作するようなテクニックが紹介されています。

しかし底の浅い小手先のテクニックはすぐに見破られます。

 

 

 

ブログ記事で差別化が必要な理由

差別化戦略差別化戦略

ブログを差別化する本当の理由は、稼ぐためにはあなたの個性を確立させてブログの価値を高める必要があるからです。

本当に差別化するなら、オリジナリティを出し、ブログをブランディングすることが大切です!

もっというと、「あなたから買う理由」「あなたから教えてもらう理由」を明確にして稼げるブログに育てることです。

では、どうすればブログを差別化できるのでしょうか。次の項目でご説明していきます。

 

4つのポイントのうち、どれか一つでも欠けていたらNG

以下の4つのポイントを全て満たしていないと、読まれるブログにはなりません。

 

スキル不足


読者のニーズには答えているけど、「経験・得意・習慣」がないため、内容が薄い。あるいはネット情報の転載で独自性がない。

 

レッドオーシャン分野


競合の「得意・経験・習慣」領域と被っていて、選ばれない。

知名度がある強者が勝つのは必然である分野を選んでいる。

 

ニーズがない


読者ニーズフィットしていない。

読者が読みたい記事を深堀りして考える必要がある。

 

自己中心的


記事の内容が自己中心的読んでも価値のない内容となっている。

自分よがりの記事を書いても価値提供出来ない。

 

イノベーション価値の創出、組み合わせで考える

イノベーションは、必ずしも一人で起こすものではなく組織で行うものです。

上手に組み合わせれば、今のインタネットの世界で新たなイノベーションを生み出すことも不可能ではないでしょう。

単体で判断せず、「組み合わせて価値に転換できないか」考えてみてください。

 

圧倒的なものじゃなくて大丈夫

差別化する際に大切なのは、「絶対的に、あるいは圧倒的に優れているもの」ではなくて、「読者さんにとって価値があるかどうか」です。

等身大の発信こそ、読者ニーズにフィットする価値あるコンテンツになります。

 

現状ないものは今から作るという発想

情報調達して、あなたのスキル経験と組み合わせることで独自のポジションを築けないか、考えてみてください。

もし、自分の持っているものだけで差別化するのが難しいという場合には、少し枠組みを広げて、自分以外の人や情報を掛け合わせて差別化できないか?ということも考えてみてください。

 

 

記事でブログを差別化する3つの方法

差別化戦略差別化戦略

①更新頻度

ブログを差別化する1つ目の戦略は「更新頻度」です。

たとえば、週に1記事更新のブログと、毎日記事を更新しているブログだったら、どちらの方がより頻繁に読者がブログに訪れるでしょうか?

答えはもちろん、記事を毎日更新しているブログでしょう。

あなたもブログを書いたことがあれば分かると思いますが、ブログの更新頻度を保つのは想像以上に難しいものです。

それはライバルのブロガーも同じことを思っています。

だからこそ、そこに特化して「更新頻度の高いブログ」という差別化を図ることで、読者の記憶にも残りやすくなるのです。

 

②情報の量

「1つの記事で、より多くのことを知ることができる」というのは、読者にとっても便利なので、このように情報量を増やすことでブログを差別化することもできます。

 

③情報の質

続いて紹介する差別化戦略「情報の質」です。

要は、ライバルの記事よりもより詳しい内容を記事にするというイメージです。

オリジナリティのある質の高い記事を作れるようになりましょう。

 

 

ジャンル、スキルでブログ記事を差別化する3つの方法

差別化戦略差別化戦略

ニッチ化

ニッチというのは「隙間」という意味であり、要は大手が狙わないような市場の細かい隙間を狙う戦略になります。

ニッチ化による差別化戦略を狙う場合は、自分のジャンルを細分化して、その中の一つに絞った内容を記事にすることになります。

この方法は、記事の差別化だけでなく、ブログ自体の差別化としても有効に使うことができます。

小さな労力で結果を出すことができるので、特にお金や時間のリソースが限られている個人ブロガーの人は、必ず取り入れた差別化戦略ですね。

 

デザイン

当然、パッとブログを見た時にインパクトがあったり、情報が整理されていて分かりやすかったりするブログに、読者は集まります。

手軽にブログデザインをお洒落にしたいのであれば、ワードプレスのテーマを活用するのがおすすめです。

ある程度、知名度のあるテーマであれば、簡単にそれなりに綺麗なデザインのブログを作ることができます。

それ以上のデザインを望む場合は、先にブログで収益を得て、そのお金でプロのデザイナーに依頼するのが良いでしょう。

 

スキルの掛け算

自分が持っているスキルを一度洗い出して、それらのスキルをうまく掛け合わせてブログに落とし込むことができるかを考えてみてください!

新たな付加価値が生まれるかもしれません。

 

 

書き手でブログを差別化する4つの方法

差別化戦略差別化戦略

 

キャラクター

有名ブロガーの中には、アイコンを見ただけで「あ、あの人だ!」と分かるものがたくさんあります。

一度目にしたら忘れられないインパクトのあるキャラクター作ることも検討してみて下さいね。

ブログにキャラクターを加えることで、単なるブログではなくそのキャラクターが反映された独特な雰囲気のブログにすることができます。

より独特でライバルブログと雰囲気の違うブログを作ることができるでしょう。

 

SNS

SNSをうまく活用するのも、ブログ差別化戦略の1つですね。

SNSをやっているブロガーは多いですが、結果が出るレベルで使いこなしている人は少ないのが現状です。

SNSで影響力をつけるのにも、それなりの戦略や作業量が必要になります。

ただ「ブログは弱いけど、SNSはそれなりにフォロワーがいる」という人は、SNSでの影響力を使って「SNS→ブログ」という読者流入を狙ってみるのも良いでしょう。

 

実績

実際に差別化を始めるのなら、まずやるべきことは現在の自分の状況把握です。

自分の実績がライバルに比べて権威性がある必要があります。

ポイントとして以下の3つを意識すると良いでしょう。

 

  1. 該当ジャンルで戦える実績や肩書きがある
  2. その実績や肩書きに権威性や信頼性がある
  3. 「今の実績や肩書きでライバルに勝てるか?」

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

該当ジャンルで戦える実績や肩書きがある

まずやるべきなのは、該当ジャンルで戦えるような実績肩書きが自分にあるのか?

資格・スキル・賞・経験・本業…などなど強みは人それぞれなので、色々な切り口から探してみてください。

 

その実績や肩書きに権威性がある

権威性とは簡単に言うと、その実績肩書きがあることで増す「説得力」のこと!

自分の書いているジャンルに対して、自分の持っている実績肩書き説得力プラスできるのかを確認していきましょう。

 

今の実績や肩書きでライバルに勝てる

ライバルをチェックする際は、まず以下の2点を重点的に確認してください。

  • 同じような実績や肩書きの人はいないか
  • 似たような人がいたとしても自分の方がより詳しく書けるか

 

調査結果を参考に、このまま書き進めていくべきかどうかを判断しましょう!

 

経験

経験があるからこそ書ける赤裸々なブログは、多くの人の興味を掴みます。

経験はその人それぞれで捉え方も違うので、経験・体験談はそれ自体が、他のブログとの差別化になります。

 

 

マーケティングの観点からブログを差別化する為の3つのポイント

差別化戦略差別化戦略

①自分の強みを考える

ブログで差別化を行なっていく上で、自分の強みを見つける必要があります。

あなたの強みは必ず好きなことの中にあります。

自分にとって好きな「~すること」こそが、これまで良い結果をもたらしてきたに違いありません。

あなたの強みは必ず好きなことの中にあります。

ここまでの成功は、あなたの強みによってもたらされてきたのです。

ブログで成功したいなら“強み”をもっと磨きましょう!すべては強みを認識することから始まるのです。

 

②セグメンテーションから読み手のベネフィットを考える

セグメンテーションとは、日本語で「区分」を意味し、特にマーケティング分野では「市場にいる不特定多数の顧客をさまざまな切り口で分類し、特定の属性ごとにグループ(セグメント)を作ること」と定義されます。

誰にどんな価値を提供するのか?

というベネフィットを考える事が非常に重要で、ブログを差別化していくには、その設定が必要です。

それを考え実行することがブログの評価アップに繋がるでしょう。

 

③ジャンル選定

ジャンルの設定を間違えると、差別化の難易度が上がってしまいます。

なぜなら、そのジャンルについて誰よりも詳しく、わかりやすく記事を書けるのかどうかが、差別化していく上で重要だからです。

他のブログに書いていない専門的なことを書ける可能性も高まりますので、ジャンル設定自分が得意なジャンルにしましょう。

 

ライバルブログの差別化戦略を調べる方法

差別化戦略差別化戦略

ライバルブログリサーチ:2つの着眼点

1.比較対象となる競合の洗い出し

「競合」調査なので、まずは競合相手をどこに設定するのかを洗い出します。

その際、手当り次第にあそこも、ここもと競合を増やすのは得策ではありません。

以下のポイントを踏まえた上で、数社程度に絞り込むのがベターです。

・類似したブログ
・上記の中で上位表示されているブログ
・自社と同程度のポジションのブログ
・類似するマーケティング戦略を行っているブログ
・成長率の著しいブログ

 

2.比較項目の洗い出し

競合と比較する項目の抽出は販売する製品や提供サービスによって差異がありますが、以下の項目をベースにします。

・ブログの規模
・ブログのターゲットとしている顧客層
・現状の記事における上位表示の占有率
・展開している商品(サービス)
・価格
・集客手法
・販売方法
・アフターサービス

 

 

まとめ

差別化戦略差別化戦略

 

差別化戦略の基本知識から差別化のブログ構築のポイント、差別化出来ているかの分析方法までを解説しました。

差別化はブログ集客の成功に欠かすことができないので、必ず実践するようにしてください。

差別化ができると業界のなかで特別な存在として認知されていくので、自分がターゲットとしている読者を集めることに繋がるでしょう。

差別化戦略の基礎知識は、リアル店舗、また、ホームページランディングページ集客戦略でも役に立つ内容が多いので、目を通してみて下さいね!

ABOUT ME
アルファデザインオフィス - 集客の悩みを解決 -
弱者が強者に勝つ為のWEB集客スキルの知識を発信するブログ!WEBサイト、SNS運用、WEBマーケティング、WEBラインティングの知識を発信しています!差別化させたWEBサイトの制作依頼では、事業計画の練り直しや、マーケティング戦略での集客施策の提案、ブランディング作りの観点からのサポート、など、充実したサービスを提供しています。
RELATED POST
売れるホームページの基本構成、デザインレイアウト、そこに載せる内容とは? WEBサイト

売れるホームページの基本構成、デザインレイアウト、そこに載せる内容とは?

2021年11月22日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
ホームページの作成自体は、CMSのようなテンプレートシステムを使えば簡単ですが、「その中身をどう構成すればいいのかわからない…」「集客に効果 …
②誰でもできる!ペライチでランディングページを作成する方法! WEBサイト

②誰でもできる!ペライチでランディングページを作成する方法!

2021年11月19日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
こちらの記事では、ペライチを活用してのランディングページの作成方法を誰でも一目見て分かるように画像や図解を用いて解説していきます。ペライチの …
③売れるランディングページを作成するコツ! WEBサイト

③売れるランディングページを作成するコツ!

2021年11月22日
アルファデザインオフィス – 集客の悩みを解決 –
こちらの記事では、売れるランディングページの特徴を中心にコツやノウハウを誰でも分かりやすいように画像や図解を用いて解説していきます。 [toc] 作成する時に気を付けた方が良い …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です